お酒はほどほどに

アルコールが原因で、頻尿(ひんにょう)になる場合があるのをご存知でしょうか?

アルコールには利尿作用があるので、大抵の人はお酒を飲むと排尿回数が増えます。

さらに、ビールは膀胱粘膜、ワインは交感神経を刺激するため、頻尿(ひんにょう)になりやすいといわれているのです。

このことから、アルコールのせいで頻尿(ひんにょう)になるのは普通だと思ってください。

また、アルコールを過剰摂取すると前立腺炎を引き起こし、それが原因で頻尿(ひんにょう)を発生させることがあります。

前立腺炎になると排尿回数が増加するだけではなく、排尿時に痛みを感じたり、残尿感といった症状も現れるでしょう。

お酒を毎日たくさん飲んでいるという男性は、前立腺炎の発症確率が高いので、気をつけてください。

適量の飲酒によって排尿回数が増えても問題ありませんが、過剰摂取が原因で排尿回数が増えている場合は前立腺炎の可能性がありますから、一度病院で診てもらった方が良いかもしれません。

それに、お酒を大量に飲んでいると、頻尿(ひんにょう)だけではなく、様々な病気を発症させるリスクを高めてしまうことになりますので、ほどほどに節酒するように心がけることが大切です。ココマイスターのダレスバッグが人気です

お酒はほどほどに

どのくらいの回数が頻尿?

排尿の回数が多いことを頻尿(ひんにょう)といいますが、具体的にどのくらいの回数で頻尿(ひんにょう)と呼ぶのか気になりますよね?

一般的に、頻尿(ひんにょう)とは、日中に8回~9回以上、夜間2回以上の場合をいいます。

通常の人の場合だと、日中の排尿回数は4回~8回程度で、夜間は0回~1回くらいです。

夜間に尿意を感じて、何度もトイレに行くという場合は頻尿(ひんにょう)といって良いでしょう。

ただし、この回数はあくまでも目安なので、通常よりも回数が多いからといって、絶対に頻尿(ひんにょう)という訳ではありません。

例えば、水分を大量に摂取すると排尿の回数は増えますし、お酒を飲んでも排尿の回数は増えるものです。

このように、その時の状況によっても、排尿回数は変化すると思ってください。

また、仮に頻尿(ひんにょう)だったとしても、日常生活に支障をきたすことがないのであれば、悩む必要はありませんし、治療をする必要もありません。

でも、頻尿(ひんにょう)が原因で普段の生活に支障をきたすようなら、早めに治療をされた方が良いです。

それに、病気が原因で頻尿(ひんにょう)になっている場合もあるので、そのまま放置するよりも一度医師に相談された方が良いでしょう。中古トラック販売店で安いところはどこ?

どのくらいの回数が頻尿?