買取り時はアピールを!

大切に扱ってきた車であれば良い価格をつけて欲しいと考えるのは当然です。しかし、自らそれをアピールするのは逆効果になると考えてしまいがちですが、積極的なアピールはどんどんした方が良いのです。
もちろん査定員もプロですから、こちらがアピールしたいポイントについては把握している場合が殆どです。それでもなおアピールすることが良いのは、こちらも査定で上乗せできるポイントを知っていると相手に知らせる必要があるからです。ユーザーがある程度事前に勉強してから査定に来たと分かれば、おざなりな査定は出来なくなりますし、大切に扱ってきた車であることが伝わることで、程度の良い車であると好印象を持たれ易くなるのです。
具体的には、禁煙車であること・オイル交換を定期的にしていること・点検や整備も定期的に行われてきたことなどが挙げられます。気後れせずに積極的にアピールして高額査定につなげましょう。
その一方、マイナスになると考えられる情報は、その内容によっては敢えて査定員に伝えなくても良い場合もあります。シートのタバコの焦げ跡やステッカーの貼り跡などは、自ら申告する必要はありません。殆どの査定員が見落とすことはないでしょうし、仮に見落とされたとしても、それは買取店側のミスなのです。
但し、事故による修復歴など大きなマイナス点については事前に申告しておく必要があります。このような重大なポイントを申告していないと、虚偽行為と見なされて再査定になり、当初よりも減額された査定になることは間違いありません。
引越し見積もり比較

買取り時はアピールを!