自動車の廃車手続きと費用

廃車は、寿命を全うした車がたどり着くゴールです。日本の車は性能が優れており、車それ自体は30年から40年走れるものだとも言われていますが、通常、日本国内において目安となる年数は10年ほど、走行距離にすると10万キロといわれています。軽自動車の場合は走行距離はこれより少し短くなるようです。しかし、天災や事故で使い物にならなくなった車が辿るのもまた廃車の道です。車としての寿命が尽きる前に物理的要因でダメージを受けて廃車とならざるを得ない車も多数あります。さて、車には車の戸籍があって、車が新車として社会に送り出されると陸運局に登録します。新車時に作ったこの戸籍を抹消するのが廃車の手続きです。軽自動車の場合は陸運局ではなく、軽自動車検査協会で手続きをします。廃車の際には費用もかかります。これが自動車リサイクル料金で、大まかなところでは軽自動車8000円、普通自動車10000円、外車20000円ほどです。ただし、この金額はメーカーや車種によって差がありますので 一応の目安です。このリサイクル料金を支払うタイミングと支払い先についてですが、今現在新車で車を購入した場合は 買ったときに新車を買った店に支払うことになります。平成16年より前に買った車は 最初の車検時に 車検をしてもらった業者に支払います。次の車検より前に廃車する車については 廃車時に引き取り業者に支払います。こうして徴収されたリサイクル料金は、車解体時にかかるさまざまな費用に充てられます。
中古トラック売りたい!買いたい!ならトラック王国

自動車の廃車手続きと費用